1. Flos home
  2. designers
  3. Tobia Scarpa
Tobia Scarpa
トビア スカルパ

Tobia Scarpaは、建築、デザイン、修復の分野で活動する。

1969年にベネチア大学で建築学の学士号を取得した彼は、同年に「Soriana」イージーチェアで Compasso d’Oro 賞を受賞。他にも、1992年の IF Industrie Forum Design Hannover など、デザイナーとして数多くの賞を受賞している。また、パリのルーブル美術館に置かれている「Libertà」チェアを始め、彼がデザインを手掛けたオブジェクトのいくつかは世界的にも権威ある美術館に展示されている。

建築の分野では、イタリアのトレヴィーゾにある Castrette di Villorba の産業エリアの総合施設全体の設計を請け負った Benettonグループを含め、公共および民間のさまざまなクライアントと仕事をする。Benetton社の施設は今日でも未だに、美学と機能性が真に融合した産業建築の模倣的設計と評価されている。

2002年から、Scarpaはベネチアの Istituto Universitario di Architettura のデザイン学科で教鞭を執る。2004年10月には、Istituto Italiano di Cultura は、シカゴ、ロサンゼルス、ワシントンで彼が手掛けた建築やデザインの個展を開催。また、2008年には彼はそのキャリアを称える Compass d’oro賞を受賞している。