1. Flos home
  2. designers
  3. Piero Lissoni
Piero Lissoni
ピエロ リッソーニ
  • 有名なイタリアの建築家Piero Lissoniは、工業デザイン・グラフィック・アート指導から、ホテル・個人邸・ショールーム・店舗・ヨットのような建築や内装プロジェクトにわたる、 あらゆるデザイン活動において活躍しています。Lissoniは、控えめなスタイルを促進しています;大きな寛大さと魅惑的なエレガンスさは、 Lissoni が全世界のトップブランドに授けているトレードマークである。彼はしばしばミニマリストとして考えられているが、実のところPiero Lissoni の目的は、異なったスタイルの相互作用的同一性を創造することである。
  • ミラノのPolytechnicで建築学の課程を修了した後、LissoniはパートナーのNicoletta Canesiといっしょに1986年Lissoni Associatiを、1996年Graph.xを設立しました。
  • その時から彼はBoffiと協力し、企業イメージの開発・世界中のショールームデザイン・バスルームおよびキッチンデザイン の再構築を行っています。“Esprit”と“WK6”はそれぞれ、1991年と2001年にCompasso d’Oroに選定され、“Table System”は2006年のエル・デコ・インターナショナルのベストキッチンアワードを受賞しました。
  • 現在の時点において、建築家とグラフィックおよび工業デザイナーからなる約70名のチームを含む、ミラノのLissoni AssociatiとGraph-Xは、以下にあげる最も著名な会社とプロジェクトを推進中です:Alessi、Artelano、Boffi、 Cappellini、Cassina、Flos/Antares、Fritz Hansen、Glas Italia、Kartell、Knoll International、Living Divani、Poltrona Frau、Porro、Tecno。
  • Piero LissoniはBoffi、Lema、Living Divani、PorroそしてTecnoのクリエイティブディレクターであり、それらの会社のデザイン関連のすべての要素に目を配っています。
  • ファッション業界への浸透は、アメリカのファッションデザイナーElie Tahari のためのショップおよび企業イメージが含まれ、さらにBenetton、Santandreaテイラー、Frutta/Indian Roseのようなイタリアのブランドとのコラボレーションがあげられます。
  • 最近の事例としては、コモ近くのプライベートヴィラ(2005年)、“Monaco & Grand Canal”ホテル(2002-2004年)の改装および内装、そしてベニスの“Bacaro”バー&レストラン(2003年)、イスタンブール の“Bentley”デザインホテル(2002年)、チューリッヒ湖の“Al Porto”デザインホテル(2001年)、そして東京の“三井ガーデン”ホテル(2006年)が含まれています。
  • Luca Brentaヨットデザインとの協力の下、Lissoniはニューヨークのアートディーラー所有のヨット“Ghost”の内装を手がけました(2004 年)。2007年夏、Luciano Benettonのためにデザインしたモーターヨット“Tribu`”が進水しました。
  • さらに2007年、Boffi、Living DivaniそしてPorroとコマーシャルベースのパートナーシップを結んでおり、ホームユースの内装のための完璧なシステムを提供することを目的とし たBYのニューヨークの最初のショールームを完成させ、さらにミュンヘン、リヨン、ロサンジェルス、ロンドンそして、他のいくつかの主要都市での展開がそ の後に続きました。
  • 彼の内装に関わるプロジェクトには、ミラノ、モンテカルロ、モスクワ、モンザ、パルマ、テルアビブ、東京にあるプライベート 空間と、ドリーニ通り15にあるPorroのショールーム、パリのCassinaショールームおよび日本のいくつかのCassina IXCショールーム、La Rinascenteのミラノ事務所(2006年)、Tecnoの本社およびショールーム(2006年)、ベニスのパストリーZaninのショップ (2006年)、Living Divaniの工場およびショールーム(2007年)のような公共空間の双方とも、彼のシンプルさと細心な注意が反映されています。
  • 進行中のプロジェクトには、Mandarinホテルといっしょにてがけているカリブ海のプライベートアイランドDellis Cayの豪華リゾートや一般住居および大きなヴィラが含まれます。
  • インテリア建築としては、マイアミのShangri-Laホテル&レジデンスや”Mamilla City Hotel”、エルサレムにある“Le Divellec”レストラン、Boffi、CassinaそしてGlas Italiaの工場およびオフィスの再デザイン、ミラノ国立劇場の拡張および補修があげられます。
  • Piero Lissoniは、多くの専門的な認知を受けてきました:2005年11月、ニューヨークにあるインテリアデザインの栄誉の殿堂に仲間入りし、2000年 -2002年-2006年に、シカゴ図書建築博物館のグッドデザイン賞を勝ち取り、2006年には、ヨットの“Ghost”でワールドスーパーヨット賞の その年のニューデザイナーに、ケルンの国際見本市IMMにおいてベストオブザベストに指名されました。