1. Flos home
  2. designers
  3. Philippe Starck
Philippe Starck
フィリップ スタルク
  • STARCKは、彼の子供時代を父親の製図盤の下でバイクや自転車や他のものたちを縫い、切り、接着し、擦り、解体することで過ごしたと述懐している。
  • 終わりのない時間の中で、手許にあるものはなんであれ解体し、再生することにすべての時間が費やされたと。
  • 幾年といくつかのプロトタイプ製作ののち、イタリア人は自らの家具の製作において彼を責任者に据え、ミッテラン大統領は彼に自らのエリゼ宮での生活の変化 を依頼し、the Cafe´ CostesはLe Cafe´に変わり、ニューヨークのRoyalton and Paramountをホテル界のニュークラッシクスタンダードに変え、建築ツアーのため日本に散策し、それらが彼を表現主義建築家の主要な提唱者にした。
  • 彼の環境や人類に対する尊敬は、彼がパリのEcole Nationale Supe´rieure des Arts De´coratifs や、ボルドー空港の管制塔、パリの都心エリアにおける廃棄物リサイクル施設の設計を依頼されたことで、フランス国内でも認知されている。
  • 海外において、彼は世界中の主要都市の伝統や文化を改革し続けている。その例として、香港Peninsula Hotel レストランのデコレーション、メキシコのTeatron 、マイアミのDelano ホテル、ロスのMondrian 、ニューヨークのthe Asia de Cuba レストラン、ロンドンおよびその他のエリアにて進行中のプロジェクトの一群である。 彼の才能は彼の関心物を即座に魅力的で喜びのある高貴な品物に変えてしまうということであろう。
  • 今日の世界における、正直で熱心な市民として、孤独ではあるが手袋のようにフィットするより良い世界の破壊的ビジョンを我々と共有することが義務だと彼は考えている。
  • 彼は疲れることなく我々の日常生活の現実性を変化させ、人類のルーツと最も深い源泉を彼の変化に昇華させている。彼は Be´neteau の海の重要な精神を掴み、歯ブラシを高貴なオブジェに変え、レモンを“wrong”な方法でスクイーズし、TVでさえより楽しいものに変え、トムソンの電 子的な世界に感情的なスタイルをもたらしている。彼はまた、我々のパスタ、灰皿、ランプ、歯ブラシ、ドアハンドル、食卓用金物、ろうそく、やかん、ナイ フ、花瓶、時計、スクーター、バイク、デスク、ベッド、金具、洗面用具、トイレ用具、つまりは我々の生活全体を変えるために時間を使っている。 彼は現在、衣服、下着、靴、眼鏡、時計、食べ物、トイレ用具、等々、より人の体に近いもののデザインにますます魅力を感じているが、それは彼のデザインが 今後も変わることなく、自然と人類の未来を尊重していくことに他ならない。