1. Flos home
  2. designers
  3. Paolo Rizzatto
Paolo Rizzatto
パオロ リザット
  • Paolo Rizzattoは1941年、ミラノに生まれた。彼は1965年、ミラノPolytechnic で建築の学位を取得した。
  • 建築、デザイン、インテリアデザインのフリーランサーとして働き、現在もインテリア照明デザイナーとしての経験を積んでいる。
  • 1978年、Riccardo Sarfatti といっしょにLuceplan社を設立した。
  • 彼の代表的な建築作品には以下のものが含まれる:
    • ミラノSegrateの保育センター、1972年
    • バレアレスFormentera の一世帯家族向け 休暇ホーム、1973年
    • ベルーノFeltreの一般住宅地区、1974年
    • ボローニャBazzanoの郊外住宅、1976年
    • ミラノMontesiro の二世帯家族向け住宅、1985年
    • ノバーラGalliate の老人ホーム、1986年
    • ミラノのLuceplan社工場および本社、1997年
  • また、彼はArteluce, Artemide, Luceplan, Alias, Cassina, Nemo, Molteni, Knoll, Kartell, Philips, Montina, Thonet, Mandarina Duck, Guzzini, Lensveltのためにデザインしてきた。
  • 彼は以下の様々な大学機関にて教鞭をふるっている: ペスカーラのUniversita` degli studi Abruzzese, ニューヨークのコロンビア大学, ミラノ工科大学, デトロイトCranbrookセンター, セントルイスのワシントン大学, モスクワのArchitecture Institute, セントピーターズバーグのArchitects Association。
  • 彼の作品はイタリアと海外の雑誌やカタログにて編集されている。
  • 建築やデザインのセミナーや展示会にて発表された彼によるプロジェクトは以下の様々な機関や博物館にて永久コレクションに指 定されている: ロンドンのArchitectural Associations, ミラノ・トリエンナーレ, ニューヨークWave Hill Museum Center, ニューヨーク近代美術博物館(MOMA), ロンドンVictoria and Albert Museum, ミラノMuseo della Scienza e della Tecnica, ベローナCamere con vista ad”Abitare il tempo”, 東京”Creativitalia”, ケルンDurangewandte Kunst Museumの”Halogen-20 jahre neues Licht”, パリ・ポンピドーセンターの”Capitales Europe´ennes du nouveau design”, パリ・ルーブルの” Tecniques Discretes” Muse´e des Arts Decoratifs, ニューヨーク近代美術博物館(MOMA)の”Mutants Materials”
  • 彼は多くの賞を受賞しており、そのうちのいくらかは以下のとおりである:
    • 1981年、89年、1995年の3つの”Compasso d’oro”
    • 1988年パリLa Lampe d’Argent Sil
    • 1988年ミラノForum Design Cosmit
    • 1990年パリLa Lampe d’Or Sil
    • 1992年フランクフルトDesign Plus Ambiente
    • 1992年ニューヨークProduct Award Lighting Fair
    • 1994年エッセンRed Dot Award Design Innovations’94
    • 1994年アムステルダムEuropean Community Design Prize
    • 1996年ハノーバーIndustrie Forum Design Prize
    • 1999年Swiatlo’99 / Varsavia
    • 1999年シカゴ”Good Design” Award Chicago Athenaeum Museum